当社は、社員一人ひとりが多様な個性を活かして
最大限に能力を発揮し、安心して仕事に打ち込める
雇用環境の整備を推進するために、
以下の行動計画を策定しています
当社は、社員一人ひとりが多様な個性を活かして最大限に能力を発揮し、安心して仕事に打ち込める雇用環境の整備を推進するために、
以下の行動計画を策定しています。

次世代育成支援対策推進法に基づく
一般事業主行動計画

1.計画期間

2019年4月1日~2023年3月31日までの4年間

 

2.内容

〈目標1〉

ワークライフバランスの充実のため、働き方の見直しを行う

〈対策〉

・業務の効率化を図ると共に、業務の平準化の推進
・残業時間の集計を行い、状況を把握、管理の徹底と周知による削減
・管理職に対する情報の提供と意識啓発
・健康診断の有所見者に対する改善指導

〈目標2〉

年次有給休暇の取得促進

〈対策〉

・取得状況の実態調査
・計画的な取得に向けた社内PR
・管理職に対する情報の提供と意識啓発
・計画的付与・アニバーサリー休暇の活用推進
・年休取得の少ない者に対する働きかけ

女性活躍推進法に基づく
一般事業主行動計画

性別、年齢、雇用形態、ライフスタイル等にかかわらず、多様な人材が互いに尊重しあい、女性だけでなく、誰もが働きやすく働きがいのある職場環境づくりを進めています。

性別、年齢、雇用形態、ライフスタイル等にかかわらず、多様な人材が互いに尊重しあい、女性だけでなく、誰もが働きやすく働きがいのある職場環境づくりを進めています。

計画期間

2022年4月1日~2026年3月31日までの4年間

 

当社の課題

・女性がほとんど配置されていない部署がある
・女性管理職の割合が少ない

目標1

すべての部署・職種で、女性の割合を(最低でも)20%の実現

〈取り組み内容〉
・2022年 4月~
女性の割合が低い部署業務実態調査
・2023年 4月~
職場環境の見直を行い、女性労働者の適正な配置と育成の実施

目標2

管理職に占める女性社員の人数を5人以上とする

〈取り組み内容〉
・2022年 4月~
女性労働者の長期的なキャリアプランを上司と検討する
・2024年 4月~
女性が満たしにくい評価基準・運用等を見直す

目標3

女性労働者が出産・子育てをしながら継続して就労しやすい環境の整備

〈取り組み内容〉
・2022年 4月~
育児休業制度の周知を行い、時短勤務をしやすくする
・2024年 4月~
女性が満たしにくい評価基準・運用等を見直す

現状の報告

女性活躍推進法状況 2021年度

①「労働者に占める女性比率」(職種別)
職種営業事務専門全体
男女計191187117
女性643444
割合32%36%39%38%
②「男女の平均勤続年数の差異」(職種別勤続5年以上)
職種営業事務専門全体
男性18.224.120.019.4
女性18.021.015.516.3
割合99%87%77%84%
③「月毎の平均残業時間(法定時間外・法定休日労働)」
総時間総人数平均時間
2021年4月2790:1613520:40
④「管理職に占める女性労働者の割合」
男女計27女性3割合11%
TOP
TOP